ウーマン

団子鼻はコンプレックスの1つ|美容整形で鼻に立体感を出す

鼻の形成術

美容整形

軟骨は残すのがベスト

団子鼻の治療をする際に一つの方法となるのが、鼻の軟骨を一部除去する方法です。日本人の団子鼻は、鼻中央の鼻尖と呼ばれる部分にボリュームがある傾向が見られます。従ってこの部分の軟骨を取り除くことが、従来から行われている団子鼻への一つのアプローチ法です。ですがこのようなスタイルで治療をすると、後に再び手を加えることが難しくなります。ボリュームを抑える効果も得にくいことがあるため、現在の美容整形では軟骨を取り除かない方法が多く試みられている状況です。実のところ鼻の形は、鼻尖部分の軟骨によって左右されます。こういった軟骨は、鼻の美容整形を行う際にも利用することが可能です。軟骨部分に糸を通すことで、好みの形に鼻をデザインする方法も時に行われます。鼻尖部分は、鼻の形を左右する重要なポイントです。この部分の形状によって、両側の小鼻のふくらみ具合も変わります。従って鼻の整形治療を受ける際には、この鼻尖部分にこだわる美容クリニックを選ぶことが、一つの方法です。美容整形は時に修正も可能ですが、再治療の場合にはアプローチの選択肢が概して限られます。ですので、1回目の治療で確実に成功させることが大切です。熟練した専門医のいる美容クリニックを利用すれば、初めの段階から満足のいく治療が叶います。修正治療を受ける場合には費用もかさみますので、医療費削減のためにも美容クリニックの選び方が重要です。鼻は顔の中でも特に目立つ部分であり、慎重な治療の選択が求められます。

複数の方法が選択出来る

現在行われている団子鼻の美容整形では、個人の状態に応じて様々な方法が選択されます。複数の方法を組み合わせて団子鼻を修正するケースも少なくなく、正確なイメージ力に基づいたデザインを考えることが成功の秘訣です。団子鼻の修正に多く適用される方法としては、鼻尖縮小術が挙げられます。この鼻尖縮小術は、鼻尖の軟骨部分を縫い合わせるなどの方法で、鼻の幅を狭くするのが特徴です。必要に応じて脂肪を除去することもあります。鼻の中央部分が狭くなれば、鼻孔も小さく締まり鼻筋が長く見えるのが一つの利点です。この方法では、縫い合わせる際の強さが美しい仕上がりを実現するためのポイントと言えます。鼻尖部分が短い場合の団子鼻の整形治療では、軟骨を移植する鼻中隔延長術が一つの選択肢です。鼻尖部分をより長くすることで、団子鼻がすっきりとした印象に様変わりします。小鼻の縮小術などと組み合わせることで、さらにシャープな鼻にすることも可能です。同様に軟骨を移植する鼻の整形術としては、鼻尖形成術もよく知られます。数ある美容整形治療の中でも、鼻の治療は特に注意を要する施術です。医師のセンスや技量が問題になってくるため、十分な治療実績を持つ専門医を探すようにします。各美容クリニックの症例数なども参考にして、病院選びをするのが一つのコツです。カウンセリングを受けてアプローチ法を比較してみることも、複数の選択肢の間で迷っている場合には役立ちます。十分な時間をかけて情報を集めるのがベストです。