ウーマン

団子鼻はコンプレックスの1つ|美容整形で鼻に立体感を出す

鼻を治すのは一つじゃない

微笑む女性医師

メスを使わず糸を使う

鼻は顔の中央にあるため人の目を引きやすく、その形や高さに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。その中でも丸く、大きな団子鼻は日本人に割合とよく見られる鼻で、かわいらしくはありますが、知的でシャープな印象に欠けるところがあります。 団子鼻の悩みを整形で解消したいと思っていても、メスを使用した手術が恐かったり、あるいはプロテーゼのような異物を身体に入れることに抵抗があったりして、今一つ整形に踏み切れないという方も時々見られます。そうした方々にも今大人気なのが、糸を使用した切らない団子鼻整形です。これは特殊な専用の糸を挿入することで鼻の形を形成するもので、高さや鼻先の形状、尖り具合など、自在に変えることができます。しかもメスを使用しないのでダウンタイムも短く、身体に負担がかからないので、日常生活に支障をきたすことがあまりありません。また糸だけですので、傷跡などを心配する必要もほとんどないのです。 団子鼻が解消し、スッとした尖った鼻先になるだけで、自分でも驚くほど顔の印象が変わり、グッと華やいだ顔立ちになります。それまでとは全く違う自分の姿を、その目で見ることができるのはないでしょうか。 整形は、人の印象を変え、本来の美しさを引き出してくれる嬉しいものです。しかし手術に抵抗があることで、その機会を失ってしまうのは残念なことでしょう。糸だけで団子鼻を解消して自分の理想とする鼻を手に入れることができる、やはり様々な人に支持されるのも、納得できるというものです。

糸で実現する形状記憶

団子鼻解消のための整形には様々な種類がありますが、その中で今注目を浴びているのが、特殊な糸を使用して鼻に糸を挿入することで理想の鼻を形成する施術です。 この施術の大きな特徴は、もちろん切らないということですが、それだけではなく抜糸もないという点です。この施術に使われる糸は専用の特殊な糸で、ある一定時間が経つと、溶けて体内に吸収されてしまいます。じゃあ、その後ですぐに元に戻ってしまうのと気になるかもしれません。ですが実は糸が溶けてしまった後も自分の組織が形成された形状を記憶して、ある程度その状態をキープしてくれるのです。また、鼻の形や向きも自由自在に変えることができ、団子鼻だけではなく、鼻先を上に向けたいとか下に向けたいといったことも自由にできます。 そうした効果がある一方、メスで切開したりといったことがないため、ダウンタイムも短く施術時間も局所麻酔のみで10分程で終了します。メークなども鼻に強い力を加えない限りは翌日から大丈夫で、シャワーでしたら当日に浴びることができます。週末に施術を受けたら、翌週から仕事や学校に通うことも可能でしょう。忙しい方や、整形したことをあまり気づかれたくないという方にはピッタリの施術ではないでしょうか。 団子鼻を修正してスッと高い鼻にするためには、プロテーゼの挿入が不可欠、そんな時代は過ぎました。プロテーゼはそれはそれで素晴らしい施術法ですが、今はたくさんの方法の中から選べる時代になったのです。メスの使用は抵抗があるけれど、団子鼻は治したい、そう思っている方は、一度クリニックで相談されてみてはいかがでしょうか。